ダンスワークショップ@沖縄

アジアの身体と出会うー体験するー踊るーつくる

アジアには素晴らしい伝統芸能・舞踊があります。日本・香港で活躍するコンテンポラリー・アーティストと一緒に、アジアの身体を体験し、あなたの中に在るダンスを見つめるワークショップです。

豪華4名のアーティストが講師陣をつとめます。この機会をお見逃しなく!

    香港を拠点に注目を集める若手振付家Hugh Cho
    国際的に活躍する京劇俳優Choi Chi Wei
    モダンダンスから神楽までチャレンジする振付家緒方祐香
    多彩な才能を持つ異色パフォーマー・芸能研究家中西レモン
9/22(木・祝) 13:00-15:00 |休憩|15:30-17:30

会場:沖縄県立博物館・美術館 アトリエ

参加費:無料 (予約のない方は受講できません)

予約・問合:YUKIMIバレエ・コンテンポラ・スクエア
TEL:098-988-0565
メール:yukimi_square@opal.ocn.ne.jp

  • ダンス経験の有無問わず。高校生以上、どなたでもご参加いただけます。
  • 要予約。氏名・年齢・電話番号をお知らせいただきお申込みください。
  • 定員になり次第、〆切らせていただきます。
  • 体を動かしやすい服装でお越しください。

プログラム・スケジュール

13:00-15:00 日本編
日本には地域ごとに今日まで伝えられた様々な芸能があります。
神楽、念仏踊り、浮立等、その中には舞踊が重要な役割を果たすものが多くあります。
それら舞踊は祈りとしての性格を持ち、人の生活と関係する様々なモチーフをもとに振付され今日に伝えられてきました。今回はワークショップの参加者全員でこうした舞踊を体験しながら想像力と創造力を広げていきましょう!

『庶民の踊りから』 中西レモン
夏の行事に盆踊りがあります。音楽は地域により様々ですが、その踊りには共通する身振りが見られます。今回はその身振りを皆さんと共に体験しながら、庶民の踊りについて想像していきましょう。
『神楽を舞ってみよう』 緒方祐香
神楽には、五穀豊穣などの祈りを捧げる舞や清めの舞、方角・時間・季節の流れ・古事記の物語を表現するものまで様々な種類の舞があります。
今回は、福岡県弥栄神楽座で踊られている陰と陽の柱を建てる舞『産霊』を実際に踊りながら、
神楽の演目を一緒に紐解いていきましょう。

15:30-17:30 香港編
京劇は220年の歴史を持つ中国の伝統的な古典演劇です。派手な衣装やメイク、“見え“を切るところは、日本の歌舞伎と似ています。演奏や歌もある音楽演劇として“北京オペラ”、香港では広東語で上演する“広東オペラ”とも言われています。今回は、香港の伝統と現代両方の舞台芸術に携わる振付家・パフォーマーによる身体的アプローチを一緒に体験していきましょう。

「京劇入門」CHOI CHI WEI
京劇は、基本となる5つの要素「手」「眼」「姿勢」「ステップ」「メソッド」があります。プロフェッショナルな京劇俳優のWEI師の実演付きレクチャーは必見です!皆さんには、京劇の基本的な姿勢と動きを体験してもらいます。
「ダンスのフレーズをつくってみる」HUGH CHO
香港をベースにコンテンポラリーダンス作品の振付家として活動するChoさん。
Choさんのつくったベーシックな動きを元に、参加者自身が、ダンスのフレーズとして発展させていく試みです。楽しんでいきましょう。