エクスチェンジ・プログラム(香港)

同年のエクスチェンジ・プログラムとして、日本人の演出家が香港で滞在制作しまうす。これまで香港で、絶対的『絶対飛行機』など自身の創作活動をセルフ・プロデュースし、香港のアーティストたちと活発に活動してきた川口智子をレジデンス・アーティストとして選出。
日本側の出演者に能楽師1名、香港側は振付家・ダンサー1名、広東オペラ俳優1名をメンバーとし、計4名で作品制作を行います。

レジデンス・アーティスト:
日本>>川口智子(演出家) 鵜沢光(能楽師)
香港>>Chloe Wong ・黃靜婷(振付家、ダンサー)Paris Wong・王候偉(広東オペラ俳優)

プロフィールはこちら

制作作品:#2 戀鳥歌-LUEN NIU GOHー
作・演出:川口智子
出演:鵜沢光、黃靜婷、王侯偉

風は、西から東へ、北から南へ吹いている。
真上にきた月は、その輝きを増し、
流れる雲に消えては、またその姿を見せる、大きな目。
二羽の蝙蝠がことばを運ぶ。
さあ、あなたの歌を聞かせて。

滞在制作期間:2016年12月20日―2017年1月5日
作品発表:2017年1月4日 CCDCスタジオ
レジデンス施設:City Contemporary Dance Company(CCDC)/Dance Centre

37年前に創立以来、香港のコンテンポラリーダンスを牽引してきたCity Contemporary Dance Company(CCDC)/Dance Centreをパートナーとして、宿泊施設・稽古場・成果発表の場所の提供などの協力を得ました。

城市当代舞踊団/City Contemporary Dance Company(CCDC)/Dance Centre
http://www.ccdc.com.hk/en

シティ・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー(CCDC)は、創設者ウィリー・ツァオとともに創設以来37年間にわたり、香港のコンテンポラリーダンスシーンを牽引。香港だけでなく、世界中にその活動を広げてきた。1979年の創設以来、ウィリー・ツァオや他の振付家たちの作品を含め200以上のレパートリーを発表。同時に世界で活躍する海外アーティストとの協働も行ってきた。香港の同時代文化をあざやかに描き出し、年間に50,000人以上の観客を動員している。